デジタル教材と通信学習について


プロ家庭教師の観点から、デジタル教材の有効的な活用方法を考えてみました。デジタル教材とは、ホームページ上で小学生向けの勉強を行うことができる教材のことですね。
間違えやすいのが、日能研や小学館といった通信学習・通信添削とは違いますから注意してくださいね。
HNKのホームページでデジタル教材のゲーム各種が遊べます。対象年齢は小学校1年生から5年生程度となっており、算数、国語、理科、社会と幅広い科目をゲームにて学習することができます。次から次へとでてくる問題は、○×形式で回答したり、4択から選ぶことで回答したり、リズムよく問題に取り組むことができます。また、答えも、回答した直後に、提示されるので、自分の誤りにすぐに気付くことができます。これにより、何度も繰り返し、問題を解くことにより、頭の中に吸収されていくことができます。何度も今期良く繰り返し問題にとりくませることが重要ですね。通信教育も優秀な教材がたくさん出ておりますが、NHKのデジタル教材は、そういった通信教育と同等な効果が得られるのではないでしょうか?日能研や小学館といった通信学習・通信添削が有名ですよね。

デジタル教材のゲームについて

デジタル教材のメリットは、子供が自主的に学習するきっかけ作りができるということです。なんか楽しそうというイメージがデジタル教材には随所にあります。子供は、遊びが大好きだから、興味をもって自発的に勉強するようになります。

デジタル教材を補完する家庭教師について

>

デメリットとては、応用力が身につきにくいという点があります。コンピュータから出てくる問題に対しては、回答できるようになりますが、例えば、算数の問題文を解く能力は身につけることができません。算数の問題文は、ノートに鉛筆で何度も問題を繰り返し解くことにより、身につけていくことができるのです。算数の問題文は、○や×といった解答形式や単純な解答では理解することができません。何度も計算のプロセスを紙に記入していくことにより、計算のコツをつかめてくるものだからです。日能研や小学館といった通信学習・通信添削でも、紙に書く教材なので、コツをつかみやすいと思います。

そこで、デジタル教材のゲームとプロ家庭教師とを併用してお子様の学習を推進していくことをお勧めします。デジタル教材のゲームは、暗記系に強いので、社会、理科などを中心に学習を進めていきます。一方、紙に鉛筆で書くことにより、論理的思考能力を養わなければならない算数に関しては、プロ家庭教師に任せていただければベストではないでしょうか。算数に関しては、お子様一人一人に考え方のクセがあります。個別のクセは、集団教育やゲームでは修正することができません。対面教育であるプロ家庭教師だからできる成績アップ方法の秘訣は、そのお子様のクセを分かりやすく丁寧に修正してあげることなんです。
日能研や小学館といった通信学習・通信添削もよいのですが、プロ家庭教師と比べると、どうしても痒いところに手がとどいていないな、という感があります。


 ショッピングモール&検索サイト〔推奨ランキング〕
 1位 googleショッピング(優れた機能で、ネットショップを 横断検索)
 2位 楽天(国内最大級のショッピングモール)
 3位 Moshi★Market(全商品8000円以上で送料無料)
 ・当サイトで悩みが解決しなかったら・・・yahoo知恵袋が便利
 ・〔助け合いの心〕東日本大震災に関する情報