ぎっくり腰 治療


ぎっくり腰は多くの方が経験あるだろう。ぎっくり腰に湿布を貼れば、痛みが軽減されるので利用している方が多い。とにかく、あの痛みから少しでも緩和されたいというのが本音であろう。ただ、注意していただきたいのは、あなたの腰の痛みは、本当にぎっくり腰ですか?もしかしたら、ヘルニアかもしれないのだ。ヘルニアになった場合には、ぎっくり腰になったように湿布で治すのはほぼ不可能だ。あいち腰痛オペセンターなどで、一泊での腰の手術を行う必要がある。手術というとおおげさだが、手術のための傷口は、ごく小さく、最新の医療機器をもって治すために、簡単に終了する。ぎっくり腰だと勘違いして湿布を張り続け、痛い思いをこの先ずっと思い続けていることを考えると賢い選択かもしれない。腰痛は、湿布で治るときもあれば、湯船につかって治るときもある。お湯につかって、腰をリラックスさせることにより、自然に治るケースもある。また、最近のぎっくり腰用の湿布は、優秀な湿布が多い。外出時に、湿布を貼ることに抵抗を感じる方のほとんどが、湿布の匂いではないだろうか。最近のぎっくり腰の湿布は、外出のときの状況を考慮して、匂いがかなり軽減されている。

ぎっくり腰 腰痛

>

また、腰にはる湿布ということで、伸縮性にも富んでいる。
ちょっと動いたらすぐに湿布がすぐに剥れてしまったという経験をお持ちの方もいるだろう。最近のぎっくり腰 湿布は、このあたりも大分改善されてきた。万が一、突然ぎっくり腰に襲われたときに、どのように対処したらよいだろうか?先ほどは暖めたほうが良いということを書いた。が、応急処置としては、まずは冷やしたほうが良い。発熱してしまったとき、身体を冷やすためのアイスノンなどを使って、ぎっくり腰の患部に強くあてがう。そして、すぐに身体を横にして、20分程、安静にする必要がある。20分あれば、腰の患部を十分に冷やすことができるので、アイスノンは外しても問題ないだろう。そして、とりあえずの応急処置はこれで完了だ。仕事等でどうしても移動しなければいけないときに、ぎっくり腰におそわれたら、とりあえずこの応急処置でOKだろう。そして、時間ができたときに、ぎっくり腰の湿布を患部に貼ってあげよう。また、お風呂に入る時間ができたらならば、ゆっくりと湯船につかり、ぎっくり腰をあたためれば、通常よりも痛みが除去される時間が早くなる。


 ショッピングモール&検索サイト〔推奨ランキング〕
 1位 googleショッピング(優れた機能で、ネットショップを 横断検索)
 2位 楽天(国内最大級のショッピングモール)
 3位 Moshi★Market(全商品8000円以上で送料無料)
 ・当サイトで悩みが解決しなかったら・・・yahoo知恵袋が便利
 ・〔助け合いの心〕東日本大震災に関する情報