放射線科 MRI


放射線科の医療機器は、大きくわけて次の2つがあります。CTとMRIです。CTとMRIにはそれぞれ特徴があります。まずCTの特徴は、身体の断面が詳細に把握することができるということです。手術の前にCTにより断面を理解しておけば、手術の時間が短くなりますし、手術のタイミング、スキルをもった手術の先生のアサインなどが期待できます。事前に、身体の断面を把握することにより、より納得のいく患者への情報開示、レセプト開示へと繋がることはいうまでもありません。これから行う手術の概要、手順を理解しておけば、その手術へのリスクと効果を医師と患者との間で共有できるのですから、もっと積極的に行うべきです。さて、MRIの特徴はどうでしょうか?それは、被爆せずに身体の内部をスキャンすることができるという点です。どうしても、CTの場合は、その特性上、患者の身体を被爆させる必要があります。(最も、医師も身長に操作を行うので、身体に害が及ぶことはありません。)しかし、MRIは強力な磁気により、身体の断面をスキャンするので、被爆の心配が皆無です。放射線リスクが全く無い医療機器といえるでしょう。しかし、CTによる医療機器と比較すると、スキャンしなければいけない時間が非常にかかるという点です。CTは約5分でスキャンが終了することができます。

医療機器 CT

>

放射線科の医療機器としては、最新の機器となりますが、MRIは、CTと比べると一昔前の機器という感があり、時間がかかります。どのようなスキャンかによりますが、約20分程度の時間が必要ですし、医療機器に入っている間は、全く動いてはいけません。動いてしまうと、正確なスキャンができなくなってしまうためです。また、放射線科 医療機器の中でも、最も患者さんが嫌がる対応として、20秒間程度の呼吸をとめる指示を医療機器の中にはいっている間に医師から数回指示されることです。放射線化 医療機器に入っているあいだは、非常に緊張するものですし、(特に、MRIはゴトン、ゴトン、と大きな音がでるんです。)不安になるものです。その状況下の中で、20秒間呼吸をとめなければならないのは、ちょっと辛いですよね。子供が、このMRIの医療機器の中で入って診断しなければいけないときは、軽い睡眠薬をのんで、寝ている状態で撮影することが必要となります。そのため、撮影には約半日の時間が必要となります。どうでしょうか、放射線化 医療機器の中でもおおきな特徴を持つCTとMRIについてレポートしてみましたが、ご理解いただけだでしょうか?病院を選択する際は、希望する放射線科の医療機器が導入されているか否かを確認することを忘れないようにしましょう。


 ショッピングモール&検索サイト〔推奨ランキング〕
 1位 googleショッピング(優れた機能で、ネットショップを 横断検索)
 2位 楽天(国内最大級のショッピングモール)
 3位 Moshi★Market(全商品8000円以上で送料無料)
 ・当サイトで悩みが解決しなかったら・・・yahoo知恵袋が便利
 ・〔助け合いの心〕東日本大震災に関する情報