産科医療保障制度と出産一時金


産科 医療保障制度で注意すべき点は、病院によって、加入の有無があるという点です。ついつい、産婦人科がある病院であれば、産科 医療保障制度が使えるものだと勘違いしている方が多いと思いますが、これは保険ですので、この保険が適用される病院は制度に申請をだした病院のみになります。費用としては、まず個人で3万円をこの保険に入る際に病院に支払わなくてはいけません。しかし、平成21年度から3万円受取金額が引き上げられるために、費用負担という観点からみると個人の負担はゼロということになります。妊婦の方、およびそのご家族にとっては、大変便利なサービスといえます。登録に必要な3万円は、出産費用として病院に支払うので、ちょっと高いなと思われる妊婦さんもいらっしゃると思いますが、後に出産育児一時金として、返ってくるので、心配はいりません。ちなみに、出産育児一時金は、2008年までは、35万円支払われますが、2009年からは、38万円となる予定です。3万円のアップとなりますので、妊婦さんとそのご家族の経済的負担は減ることとなります。こ保険の素晴らしい点は、医師に過失がなくても、お金が支払われるという点にあります。もっとも、一番重要なのはお金ではなく愛情なのですが、育児には、経済的基盤が必要ですからね。

分娩と重度脳性麻痺

>

産科医療保障制度とは、出産することによって、避けることのできない重度脳性麻痺のリスクを金銭的に保障しようというものです。出産される妊婦さんにとって、経済的な面でサポートしてくれるこの保障は、大変有意義なものだと思います。しかし、冒頭でも申し上げたとおり、全ての病院が加入しているわけではありません。まずは、妊婦さんが通われようとしている病院が産科 医療保障制度に加入している病院なのかを確かめましょう。電話でたしかめてもOKですが、まずはホームページをご覧になるのも良いかもしれません。不明な点を電話で問い合わせすれば、よりスムーズに理解することができます。出産は、妊婦さんにとってもご家族にとってもとても重要なイベントです。新しい家族が生まれる喜びと、そして、その赤ちゃんが無事に生まれてくるかどうか、不安な点と、とても複雑な心境がからみあっているといえます。赤ちゃんへの愛は、人の心の問題ですので、とにかく愛情をあげることが重要です。しかし、出産にともなう経済的な問題は、愛情だけでは解決できません。出産育児一時金や、産科 医療保障制度をかしこく活用することにより、心から安心できる出産をつくりあげていきましょう。分娩はに望むのは、一人ではとても不安な気持ちになります。安心して分娩するためにご家族の協力が必須ということは忘れないでください。


 ショッピングモール&検索サイト〔推奨ランキング〕
 1位 googleショッピング(優れた機能で、ネットショップを 横断検索)
 2位 楽天(国内最大級のショッピングモール)
 3位 Moshi★Market(全商品8000円以上で送料無料)
 ・当サイトで悩みが解決しなかったら・・・yahoo知恵袋が便利
 ・〔助け合いの心〕東日本大震災に関する情報