算数 デジタル教材


パソコンやインターネットの普及にともなって、小学生、中学生の間で話題になってきているのがデジタル教材。デジタル教材はいくつもの種類があるが、最も注目されているのが算数のデジタル教材だ。なぜ算数のデジタル教材が注目されていのかとというと、とにかく算数を苦手としてしまう子が多い現実がある。多くの子供達を客観的に見てきた立場からすと、国語や社会などと違い、解けない時の苦しみは他の科目とは違うようだ。そういえば、みなさんも、算数は苦手だった時期が必ず一回はあるのではないか?
算数を苦手として放置していくと、どしても、毛嫌いするようになり、積極的に勉強することを止めてしまう。家庭教師による算数の指導も効果的ではあるが、それは家庭教師の質によってかなり大きく変動してしまうといえよう。小学生のうちに算数のデジタル教材にめぐり合った子供達は幸せだ。算数をゲーム感覚で学習することができるからだ。算数は、問題を解けない苦しみは、他の科目よりもあるが、反対に解けた時の楽しみは、他の科目よりも上だ。算数の答えは、基本的には一つに限定されている。自分がステップ通りに問題にとりくみ、解けた時の喜びは本当に見ている大人がびっくりさせれられる程だ。
小学生や中学生の間に人気の教材は、やはり進研ゼミだろう。

小学生と中学生の教材

>

中学生になると部活が始まるようになり、学校生活や自分の環境が小学生の時とは一変される。
身体もより大人に近づき、精神的にも、いわゆる反抗期といわれるようなホルモンの分泌の不安定期に入る。誰でも避けては通れない時期だ。そんな時、勉強以外の面でサポートしてくれるのが教材の良いところ。中学生になったらら始まる部活。その部活に期待を持たせてくれる漫画であったり、科学の実験道具を一年に数回提供してくれたり、いろいろと手を込んだ教材を送り届けてくれる。進研ゼミは、一考にあたいする教材ということができる。算数のデジタル教材の種類は、様々な種類がある。ベネッセなどの会社から作られていたり、中小の会社が教材を作っていたりしている。その算数の教材を選ぶかは、悩むところだが、一番良いのが、大人が子供の視点にたって、一度、教材の問題を解いて見ることで判断するのが最も良い方法だ。
仕事で疲れている大人が算数の教材を取り組むというのは、一見、おかしいように思われるかもしれない。しかし、極論だが、勉強に対する嫌悪感というのは、実は大人も子供もさほど変わらない。自分が子供時代に戻り、教材を選べば、子供と一緒に算数の教材を進めていくこともでき、より子供の学習能力向上に役立つことだろう。


 ショッピングモール&検索サイト〔推奨ランキング〕
 1位 googleショッピング(優れた機能で、ネットショップを 横断検索)
 2位 楽天(国内最大級のショッピングモール)
 3位 Moshi★Market(全商品8000円以上で送料無料)
 ・当サイトで悩みが解決しなかったら・・・yahoo知恵袋が便利
 ・〔助け合いの心〕東日本大震災に関する情報