八重洲ブックセンター 店舗


八重洲ブックセンターは、書店でリアル店舗としては、日本最大のお店をいわれています。東京駅八重洲口から歩いてすぐにあるその立地から、ビジネスマンや東京を観光に来た人など、様々な客層からの支持があります。八重洲ブックセンターの営業時間は、平日と休日で違いますのでご注意ください。不安な方は、公式HPで営業時間を確認された方が良いでしょう。せっかく八重洲ブックセンターに行っても、営業時間終了ギリギリでゆっくりと買い物ができなかったとうのではつまらないですからね。
八重洲ブックセンターでは、書籍をおいてあるジャンルも様々です。投資関連の本や観光の本などなど・・・。で、すごいのは、やはりそれぞれのジャンルでなかなか手にはいらない本が、在庫としてストックされているという点ではないでしょうか。他の書店では、在庫切れをおこしてしまった本、本の在庫を問い合わせてもらったんだけど、もう無かったー。だなんていう経験はだれでもあるはずです。ネットが普及するようになって少しはそういった書籍や本を探し回るということも減りましたがね。しかし、まだまだ一部の専門誌などは他の書店やネット書店の追随をゆるさないものがあります。私は、不動産投資や株投資、FXなどに興味があり、自分の納得いく本を探したいと常に思っています。もちろん、興味がある本のタイトルがわかる場合は、yahooのオークションやアマゾンなどで購入することもありますが、基本的には、本の中身をざーっと見てから購入したいのです。なぜ本の中身をみたいかというと、本のタイトルだけでは、その本が本当に良い内容なのかどうか、判断しかねるからです。八重洲ブックセンターでは、不動産投資や株投資に関連する書籍がいくつもあります。そこで、ゆっくりと時間をかけて吟味していくのです。

八重洲ブックセンターとサイン会

>

八重洲ブックセンターの本店ではよく著名人、文化人、芸能人のサイン会が開催されています。みなさん、わざわざ遠いところから足をのばしていらっしゃるようですね。サイン会の会場はいつも賑わっています。こういったサイン会などは、当たり前ですが、ネットでは開催できないです。八重洲ブックセンター 本店が人気の秘密は、こういった古くから行っている、サイン会などの独自の企画があるからだと思いますよ。
八重洲ブックセンター 本店へは、東京駅が最寄り駅となりますが、地下鉄では、京橋駅が最も近いでしょう。東京駅は、駅全体が広く、目的とする出口に出るまでに大変時間がかかってしまいますから、京橋駅から出るのがお勧めですね。
八重洲ブックセンター 本店は、書籍の在庫がたくさんあることから、本好きな人がたくさん訪れます。本好き、愛読者の方は、本を読むスピードが早い人が多いですね。私の先輩は1週間に2~3冊という驚きのスピードで本をよんでいます。なぜそんなに本を読むスピードが早いのかを聞いたことがあります。先輩は、小さい頃から本が好きで、たくさんの本を読書しているうちに読むのが早くなったと言っていました。そして、最近では速読にも興味があるとのことです。速読はフォトリーディングともいわれ、2秒程度の短時間で2ページ程度の情報量を目にやきつけ、理解してしまうという技です。速読は、米国の経営者などが実践し、その手法をマスターしているケースが多いです。日本でも、米国程ではありませんが、速読をマスターしている人が増えはじめています。速読をマスターするためには、セミナーを受講するのが最も早くみにつけられるでしょう。速読できるようになたったら、八重洲ブックセンターでの書籍選びがさらに楽しくなりますね。


 ショッピングモール&検索サイト〔推奨ランキング〕
 1位 googleショッピング(優れた機能で、ネットショップを 横断検索)
 2位 楽天(国内最大級のショッピングモール)
 3位 Moshi★Market(全商品8000円以上で送料無料)
 ・当サイトで悩みが解決しなかったら・・・yahoo知恵袋が便利
 ・〔助け合いの心〕東日本大震災に関する情報